about

白梟(しろふくろう)について

「白梟」は、小松崎拓郎と荻原ゆかを中心とした「暮らし」をデザイン・編集するクリエイティブチームです。

小松﨑拓郎

自然体でいるために居心地の良さを大切にしている編集者 / 写真家。2018年末より夫婦でドイツ・ベルリンに拠点を移し、「自分にも、他者にも、地球にも無理を強いない暮らし」をテーマに生活。

パートナーの荻原ゆかと白梟というチームでyoutubeなど様々なクリエイティブワークをおこなっている。

大学在学中に立ち上げに参加したこれからの暮らしを考えるメディア「灯台もと暮らし」編集長。写真を通じて一歩を踏み出すコミュニティ「もとくらの現像室」主宰。

場所にとらわれないワークスタイルを構築し、おいしい食、人、暮らしが集う「アマノ食堂」や写真との暮らしを楽しむ「写真と、ちょっといい暮らし」などのオウンドメディア運営やオリンパスアンバサダーなどのプロデュースワークを行う。

2018年7月にオリンパスプラザ東京にて「好きに夢中。」展を開催。2019年3月には「御苗場2019」FUJIFILMの暮らしと写真ブースに作品「ゲミュートリヒな時間」を展示。

・Facebook|https://www.facebook.com/takurou.komatsuzaki
・Twitter|https://twitter.com/takurokoma
・note|https://note.mu/takurokoma
・HP|http://takurokoma.net/

荻原ゆか

1991年長野県上田市生まれ、埼玉育ち。グラフィックデザイナー/アートディレクター。テーマは「暮らしのデザイン」。WEBと紙のグラフィック戦略を行なう。メディアの設計が得意分野。他にも、イベント企画・開催、商品やお店のブランディング(企画・商品開発)などにも携わっている。

・Twitter|https://twitter.com/ogiyk_
・note|https://note.mu/ogiyk/n/n3d3062fca20a

 

お問合わせ先はこちら

▼メール

takufukuro@gmail.com

▼Messenger

https://www.facebook.com/takurou.komatsuzaki