【取材しました】親しみやすい店主に逢いに行きたくなる。西荻窪のアンティーク家具店「Northwest-antiques」

Northwest-antiques-38-38_-e1450654128748

2014年の5月に西荻窪にオープンした古家具や雑貨をあつかう「Northwest-antiques」さんを取材しました。

よむよむカラメルさんとコラボして同時に記事を公開しています。

店主の望月さんと平山さんの肩肘張らない人柄が素敵だった。

「西荻窪で暮らす人びとに親しんでもらえる店にしたい」。今振り返っても思い出す、おふたりの印象的な言葉。

学生時代の会話のようなやんちゃなノリもあり、楽しかった。

望月 これは野望ですけれど、西荻在住の人が「きみ、どこ住んでんの?」って聞かれたら「西荻……あっ、『Northwest-antiques』がある町だね」って言われるくらいの存在になりたい。(中略)

平山 町のみなさんがアンティークを気軽に楽しめるくらい、変に尖らず、身近であれるように意識している。超低空飛行が売りですからね(笑)。

ぼくはネットの発言が硬い。対面して会ったことがない人に「真面目」とか「意識高い」と思われる節があるんですよね。だけど、本当のところはただのやんちゃ小僧。

この取材を機に、ぼくも相手に「親しみ」を持ってもらえるように、学生時代の軽いノリで、発言しようと意識しだした。ぼくと同じように、ネットで心を閉じているかも……と思うなら、人とコミュニケーションをしているみたく、感じたり考えたりしたことは、そのままのカタチで言葉にしていくといいかも。

そうしたら、自分からどんな人間性が滲み出でいくのか気になりますね。

※画像や引用文は本記事から拝借しています。